スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暇なようで忙しい

ども、社員Mです。

暇なんですが微妙に忙しいという、まったくもって矛盾した状況が続いてます。

今月、現在までにこなした新規型は2型、今月中にはもう1型UP予定。

見事に納期がばらけているので、私が加工、相方が磨きというように、作業の分業がなされています。

できれば月、5型はこなしたいな~。

給料は変わらんけどねorz

さて、我が社の設備紹介も数えること5回目。

そろそろネタ切れですが(笑)
大サービスで一挙公開ww
RIMG0128_20081114082547.jpg

あると便利な機械達w
左から

○ラジアルボール盤 ヨシオ工業製

○グラインダー 日立製

○ボール盤 KIRA製

○コンターマシン ニコテック製

○知人から頂いた(購入した?)小サイズの石定盤 (画像右下)

これらはメインの加工機ではありませんが、無いと困る機械達。

新人時代はラジアルで穴掘りの日々を送ったものでした。(爆)

こうした脇役達がいないと金型作りも大変です。
使い方によっては非常に小回りがきいて便利ですしね。

NCデータなんぞは使わないので、鉄を加工してる感がガンガンに伝わってくるのも魅力の一つでもあります。w


さて、仕事仕事っと。






スポンサーサイト

暇だったり~、忙しかったり~、ラジバンダリ!w

ども、社員Mです。

先日までの磨き修正は、現在相手先での検証中。
来週頭には結果が出るのではないかと思いますが・・・。

ん~、どうでしょう?(長嶋さん風w)

で、現在新規の金型依頼が2型ありまして、頑張ってます。
いつもの事ながら、図面がきてから2週間で型upの日程ってどうなの?
がんばりませうorz

さて、ネタも無いので設備紹介 第四弾!

平面研削盤
RIMG0127.jpg
Okamoto製、PSG-63EN
XYストローク 650×230
Zストローク 397
砥石サイズ φ205×19
回転速度(50Hz/60Hz) 3000/3600min-1

こちらも型屋さんの必需品ですね。
平面出し、角出し、寸法出し、に便利な機械(笑)
たまに研磨対象物をすっ飛ばす危険な一面有りw
まめに砥石のドレッシングをしてあげないと仕上がり面が波打ちます。
ドレッシングもなかなか難しいですね(^^;
一番なにが大変かって、そりゃ~砥石の交換ですYO!w
過去にも何回かやってるんですが、いつも1~2時間はかかってしまいます(^^;

なんかうまいやり方知ってる方がいたら、

教えてプリーズ!!

暇だね~~~

ここ数日、すっごい寒いですね。
ども、社員Mです。

今日はあまりの寒さにパーカーを引きずり出してきました。
皆さん、急激な気温の変化に体調崩さないないでくださいね~。

さて、今月に入ってからもの凄い暇です。
私は年俸制なので、仕事が有ろうと無かろうと給料変わらないので、正直会社に来なくてもいいんじゃない?なんて思ってしまいますがそんなこと出来るわけも無く、日々仕事を探してます。
去年は年間通して忙しかったのにな~・・・。

さて、3回目を数える、本日のビックリドッキリメカ~(笑)

NCフライス
RIMG0126_20080930124859.jpg

MAKINO製、AE74
XYストローク700×400
Zストローク350
スピンドル回転数4.000min-1
制御盤 FANUC Series 20i-MODEL A

型屋なら必ず一台はあるでしょう。
穴あけ、切削なんでもござれの万能機ですね。
この手のフライスはハンドルがXYZそれぞれについてるので、ちょっとした汎用切削には便利ですね。
主軸もクイル式ですので、数本の穴あけならばプログラムなど組まずに加工しちゃいます。

また、以前勤めていた会社のフライスにはついてなかったのですが、角度切削、円弧切削機能がついているので、これがまたいちいちプログラムを出さないですむので、以外に重宝してる機能です。

あと追記としまして、以前ご紹介した高速機もそうですが、データの入力はCFカードでやり取りしてます。

さて、なにしようかな~・・・・。

連続更新w

ども、不良社員Mですよ。

さて、昨日の金型修正(改造ですよね?)もデータ作成はすべて終わり、順次データを掛けかえるだけなので、人間は暇なのです。
機械様、よろしくお願いします。

今日は設備紹介、第2弾としまして、こちらも今時の型屋には無くてはならないもの。

CAD/CAMのご紹介
WS000001.jpg

当社で使用しているのは、ゼネテック社のMastercamX2です。
こちら、低価格の割にはCAD機能、CAM機能ともにそこそこ使えます(笑)
詳しく知りたいという方はこちら

私が今までに使用してきたソフトと比べると、まぁ機能的にもどかしいのですが、現在までトラブル無くデータ作成をこなしております。
ちなみに今まで、ユニグラフィックス、φステーションを使用してきましたが、使用期間が最も長いφステーションが一番良かったかな?(只慣れてるだけ?)

これから先、こいつとは長い付き合いになると思いますが、いつか完全に使いこなせる日はくるのだろうか?
未だによくわからないで打ち込んでるパラメータが何個かあります(爆)

問題なければすべて良し!!

設備其の1

皆さん、こんにちわ。
社員Mです。

まず始めに、
masaさんの機械工作14年生リターン
田舎の金型屋さんの田舎の金型屋さん
おふた方とブログリンクさせて頂きました。
今後とも宜しくお願いします。

さて、今回は設備紹介、第一回なので、うちの主力マシーンのご紹介です。

RIMG0124.jpg

左手奥側が
TOSHIBA製、F-MACH442
XYストローク400×400
Zストローク200
エアスピンドル回転数30.000min-1
切削油 アルティマ潤滑液(ミスト状態で使用)
制御盤 TOSNAC888

右手手前側が
TOSHIBA製、F-MACH222(W)
ツインヘッド、ツインテーブル仕様
XYストローク200×200
Zストローク200
エアスピンドル回転数60.000min-1(ヘッド交換で120.000min-1)
切削油 アルティマ潤滑液(ミスト状態で使用)
制御盤 TOSNAC888

当社の主な使用工具は0.5RB~0.05RB(日進)です。
0.3R(フラットならφ1)までは442を使用し、製品部の加工は最小0.05Rですので222で加工、といった感じでわけて加工しています。

機械の特徴としましては・・・
これといって特筆すべき点はありません(笑)
まぁシンプルに、コンパクトにってところでしょうかね。
以前まではマキノのV55を使っていましたので、どうしても比べてしまいがちですが、やはり高速切削時の制御はFANUCのGI制御が秀逸だったぶん、もどかしい感が否めません。
でも、この機械結構なお値段なんですって(^^;

まぁ、どんな機械でもそうですが、使い手やプログラマー次第で仕上げ精度や加工目の状態は変わりますので、そのへんをうまく付き合っていきたいものです。
機械を使いこなせれば、それなりのものはできるはずww
(ぶっちゃけ高かろう、良かろうだと思ってます)

こんな感じで、小出しに更新します(^^)v
プロフィール

社員M

Author:社員M
金型製造に関することを徒然と

製造業に携わる方、リンク大歓迎!!
気楽にコメントしてください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。