スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暇だね~~~

ここ数日、すっごい寒いですね。
ども、社員Mです。

今日はあまりの寒さにパーカーを引きずり出してきました。
皆さん、急激な気温の変化に体調崩さないないでくださいね~。

さて、今月に入ってからもの凄い暇です。
私は年俸制なので、仕事が有ろうと無かろうと給料変わらないので、正直会社に来なくてもいいんじゃない?なんて思ってしまいますがそんなこと出来るわけも無く、日々仕事を探してます。
去年は年間通して忙しかったのにな~・・・。

さて、3回目を数える、本日のビックリドッキリメカ~(笑)

NCフライス
RIMG0126_20080930124859.jpg

MAKINO製、AE74
XYストローク700×400
Zストローク350
スピンドル回転数4.000min-1
制御盤 FANUC Series 20i-MODEL A

型屋なら必ず一台はあるでしょう。
穴あけ、切削なんでもござれの万能機ですね。
この手のフライスはハンドルがXYZそれぞれについてるので、ちょっとした汎用切削には便利ですね。
主軸もクイル式ですので、数本の穴あけならばプログラムなど組まずに加工しちゃいます。

また、以前勤めていた会社のフライスにはついてなかったのですが、角度切削、円弧切削機能がついているので、これがまたいちいちプログラムを出さないですむので、以外に重宝してる機能です。

あと追記としまして、以前ご紹介した高速機もそうですが、データの入力はCFカードでやり取りしてます。

さて、なにしようかな~・・・・。
スポンサーサイト

痛~~~い

ども、社員Mです。
磨きを同僚に横取りさせたので(爆)
本日2度目の更新w

先日、土曜日のことなのですが、若手のT君が怪我しちゃいました。
RIMG0133.jpg

お馬鹿さんなT君
コンターマシンで切断中に、手をすべらせてしまったそうで、右手中指の先端から爪の中ほどまでパックリいっちゃいました(痛!!)
すぐに病院に行って、4針も縫う大怪我です。
現在、仕事が薄いからよかったものの、忙しかったら目もあてられない(苦笑)

っていうか~手が滑っても怪我しないところに手を置こうね。T君
上司である我々の監督ミスでもありますね。
反省・・・。

皆さんも怪我には注意してくださいね。
この業界

体が資本です。

加工終了

おはようございます。社員Mです。

まずはお知らせ
G's-Fieldさんの工業系3D-CADモデリング日記
yamagさんのすごいぞ!日本の製造業!
(こちらは同一人物です)
ochiさんの2代目設計屋・仕事っぷり
まくろさんのDC金型屋の裏日記

以上の方々と誠に勝手ながら、リンクさせて頂きました。
今後ともよろしくお願いします。

さて、先日の修正を受けての加工も終了しまして、これから苦手の磨き作業に突入・・・
RIMG0134.jpg

ボールでやると底面がフラット面の場合、仕上がりがいまいちなんですよね~。
(先端は刃がないですからね)
頑張ります。orz


本日、出勤日

ども、社員Mです。
先日23日の振り替えで今日は出勤なのです。

さて、この業界は先人達の知恵と経験で、機械加工、仕上げ作業においてはいろんな工夫が編み出され、現場で生かされているとは思いますが、CAMに関しては正直我々世代が考え、工夫する分野であると考えます。

近年の製品は3次元曲面が多用され、もはやCAD/CAMが使えなければ仕事が貰えない現状。
CAD/CAMを使いこなせて当たり前といわれても過言ではありません。
ソフトも値段の差により、機能面での差は生じてきますが、使いこなせなければ意味が無いと思ってます。
以前、知り合いの型屋でCATIAを購入したそうです。
難しすぎて使えないんだそうな(笑)
うちに頂戴!!(爆)

まぁ、各社いろいろありますが、どこのソフトも数年前に比べて、機能的に改良が重ねられ、だいぶ良くはなっているとは思います。
でも人の手が入る余地はまだまだあると思うのです。

私自身がCAD/CAMに携わり、早8年が過ぎました。
何種類かのCAMソフトを使ってきましたが、どのソフトでも同じような結果のなるのがボールエンドミルを使ったエッジ付近での動き方。

普通に作るとこうなると思います。

pass1.jpg

XZ平面の画像です。
黄色の線がPLです。
水色がボール先端での動きです。

ボールの特性上、同一ピッチにするとエッジを中心として同じ箇所をしばらく加工し続けるんですよね。
動き的にも無駄だし、この動きのせいで機械によっては主軸、もしくはエンドミルの伸び縮みでエッジがすっきりとでないこともあります。

で、私が考えたのがこれ

pass2.jpg

PLの上に仮想面(製品には無い)を作り、これを認識させることで、無駄な動き、トラブルを防いでいます。

ソフトによっていろんな加工法がありますので、一概には言えませんし、そんなの普通にやってるよ、とか言われそうですが、私の場合、教えてくれる人も無く、独学でやってきたので、私なりに何も情報が無いところから編み出した工夫として紹介させていただきました。

そんな訳ですので、他にもこんな風にしてみたら?
とかアドバイス頂ければ幸いなのですが・・・
皆さん企業秘密かな?(笑)

連続更新w

ども、不良社員Mですよ。

さて、昨日の金型修正(改造ですよね?)もデータ作成はすべて終わり、順次データを掛けかえるだけなので、人間は暇なのです。
機械様、よろしくお願いします。

今日は設備紹介、第2弾としまして、こちらも今時の型屋には無くてはならないもの。

CAD/CAMのご紹介
WS000001.jpg

当社で使用しているのは、ゼネテック社のMastercamX2です。
こちら、低価格の割にはCAD機能、CAM機能ともにそこそこ使えます(笑)
詳しく知りたいという方はこちら

私が今までに使用してきたソフトと比べると、まぁ機能的にもどかしいのですが、現在までトラブル無くデータ作成をこなしております。
ちなみに今まで、ユニグラフィックス、φステーションを使用してきましたが、使用期間が最も長いφステーションが一番良かったかな?(只慣れてるだけ?)

これから先、こいつとは長い付き合いになると思いますが、いつか完全に使いこなせる日はくるのだろうか?
未だによくわからないで打ち込んでるパラメータが何個かあります(爆)

問題なければすべて良し!!

修正?改造?

ども!社員Mです。

5時過ぎに変更かけんな!
しかも出来上がったものに変更かけんな!

RIMG0130.jpg

怒られるから画像加工してますが、携帯のサイドキーです。
カメラボタンとシーソーキー

彫刻いらないとかいうな!

量産型なのに仕様変更
よく吟味してからGOだして欲しいものですorz

RIMG0131.jpg

現在、鋭意切削中(機械がw)

こういうことって最近多いんですよね。
コスト削減で試作型起こさなくなったからなんですけど、デザイナーさんも考えて欲しいものです。

今回のように塗装タイプ(塗装補正0.03)から鏡面タイプ(補正0)への変更なら削り代があるからまだいいのですが、逆パターンだとこまります(^^;
PL落として、すべて最初からなんで大変です。

塗装タイプは磨きなし、加工後ピーニング処理して終了なので楽なんですけどね~。
加工もパス目が出にくいように考えてデータ作ってるんですよ。

まぁ、鏡面磨き終わってから修正ってのが一番精神的にきついですけどね(苦笑)

はぁ、ぐちっちゃったorz

設備其の1

皆さん、こんにちわ。
社員Mです。

まず始めに、
masaさんの機械工作14年生リターン
田舎の金型屋さんの田舎の金型屋さん
おふた方とブログリンクさせて頂きました。
今後とも宜しくお願いします。

さて、今回は設備紹介、第一回なので、うちの主力マシーンのご紹介です。

RIMG0124.jpg

左手奥側が
TOSHIBA製、F-MACH442
XYストローク400×400
Zストローク200
エアスピンドル回転数30.000min-1
切削油 アルティマ潤滑液(ミスト状態で使用)
制御盤 TOSNAC888

右手手前側が
TOSHIBA製、F-MACH222(W)
ツインヘッド、ツインテーブル仕様
XYストローク200×200
Zストローク200
エアスピンドル回転数60.000min-1(ヘッド交換で120.000min-1)
切削油 アルティマ潤滑液(ミスト状態で使用)
制御盤 TOSNAC888

当社の主な使用工具は0.5RB~0.05RB(日進)です。
0.3R(フラットならφ1)までは442を使用し、製品部の加工は最小0.05Rですので222で加工、といった感じでわけて加工しています。

機械の特徴としましては・・・
これといって特筆すべき点はありません(笑)
まぁシンプルに、コンパクトにってところでしょうかね。
以前まではマキノのV55を使っていましたので、どうしても比べてしまいがちですが、やはり高速切削時の制御はFANUCのGI制御が秀逸だったぶん、もどかしい感が否めません。
でも、この機械結構なお値段なんですって(^^;

まぁ、どんな機械でもそうですが、使い手やプログラマー次第で仕上げ精度や加工目の状態は変わりますので、そのへんをうまく付き合っていきたいものです。
機械を使いこなせれば、それなりのものはできるはずww
(ぶっちゃけ高かろう、良かろうだと思ってます)

こんな感じで、小出しに更新します(^^)v

はじめまして

皆さん、はじめまして。
不良社員のM(以後M)と申します。

この度、空いた時間を有効活用するため、ブログを立ち上げることにしました。
さぼりじゃないです。

あくまでも仕事の一環です。(ここ重要)

第一回目なので仕事の内容を含め、自己紹介します。

Mはプラスチック射出成型金型製造業に携わり、今年で10年目です。
素敵な奥様と可愛い2人の娘を持つ32歳です。

近年の金型製作において、個人で会社運営されている方以外では、設計、CAD/CAM、機械加工(各種)、仕上げ、の工程で分業しているところが大部分ではないかと思います。

私の場合も例に漏れず、その流れに乗せられました。
最初の2年程は、マシニングのオペレーターとして何の疑問も持たずに日々を過ごしておりました。
ある時期から、このままでは自分自身のトータル的スキルアップを目指す上では支障が生じると思い始め、一通りやらせて下さいと申し出たところ、幸いにもやらせて頂けることになり、ワイヤーカットの機械以外はこなせるようになりました。(ワイヤーだけは会社に一台しかなかったから全体の作業に支障が出ては困るので・・・)
その結果、金型製造のラインとして、私一人でのラインを任されるまでに至りました。
まぁ、これについては良い点、悪い点、あるとは思います。

○良い点
型構造の理解度向上・・・図面の見方、3Dでのイメージ、等々
各工程間でのトラブル無し・・・責任は自分にある為、責任の押し付けがない。
作業のスムーズ化」・・・次に行う工程が把握できる為、時間のロスが少ない。

○悪い点
ただただ・・・時間!
分業化することで、図面一枚あがれば即座に各工程での機械加工に入れますからね~。
その為、後々不具合がでることもあり、社員同士の喧嘩に発展、なんてこともありますけどね。

でも総じて言えば、自分で何でも出来た方がいいと思います。
1~2年位頑張れば、それなりのレベルにはなれると思います。
あとは、各作業の効率アップを目指して頑張りましょう。
やはりマルチでやっている分、専門でやってる人には敵いません。(ドラクエの勇者みたいw)


現在は会社を変えて金型を製作しておりますが、主に携帯電話のボタンを専門的に扱っております。
作業自体も多少変わり、ベース加工は外注に出している為、当社では製品部の入れ子加工と、修正、改造をしています。
携帯ボタンの金型は短納期で低価格なのですが、ベース自体は毎回同じサイズ、同じ型構造なので外注さんには、何型分か取り置き、加工してもらい短納期に対処しています。

将来的には自分のスキルを生かして自社で一から金型を起こしたいと思っていますが、何年先になるでしょうかね(^^;

初回から長文になりましたが、今後時間が空いた時に更新しますので、不定期更新になると思いますが宜しくお願いします。
プロフィール

Author:社員M
金型製造に関することを徒然と

製造業に携わる方、リンク大歓迎!!
気楽にコメントしてください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。