スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終了~

寒!!
ども、社員Mです。

なんでしょ~ね。この急激な冷え込みは。
皆さん、風邪ひかないように気をつけてくださいね(^^)

さて、本日納期の金型も先程、無事に発送しました。
あとは客先トライの結果待ち。
今回は一発OKの自信有りw
まぁ、自信だけはいつもあるけど必ず修正が入ってます。(爆)

話は変わりますが、最近通信教育を始めました。
RIMG0162.jpg

~金型加工技術~
射出型にとどまらず、プレス型も勉強。
プレス型の知識は皆無なので、ポンチのクリアランス計算なんぞに悪戦苦闘w
加工機械は射出型もプレス型も一緒なのでそこは問題なし。
切削、放電、磨きの知識を学びます。

なんで勉強を始めたかというと
私の場合、加工に関してはいわゆる職人と呼ばれる方達に育ててもらいました。
なので、体ではできる事でも頭では分からないこともあるんです。
つまり、理論的に説明できないってやつです。
なので、自分が現在持っている技術の再確認、及び知らない技術もあるのでは?
と思い、始めてみました。

理論的な部分を理解することで、より効率よく、正確な加工ができるのではないか。
また、後輩への指導に役立つのではないか。

後輩への指導は難しいですよね(^^;
私は目で見て盗め、と言われて技術を学んできましたが、今の若者はそれができません。
マニュアル通りにはできても、そこからはみだすことはできないのです。
応用がきかないんですね。
自分で考えられないから。

ならば理論を叩き込めばできるようになる?
逆に頭でっかちになりそうですが・・・(^^;
それでも、私が何かを説明する際に、理論が確立されていれば理解しやすいと思うんです。
「この加工はこうやれ!理由なんか無い!こうやったほうがいいんだ!」(私はこのように教えられましたw)
ではなくて
「こういう加工をすると何が駄目だからこういう加工をしなさい。」
と理由もつけてあげれば理解しやすいですよね。
その為には、私が理論を理解してないといけないのです。

でも結局のところは自分の為。
さらなる成長をしたいのです。

今の職場は、おおもとが成型工場なので、型場は皆経験が浅く自分以上に知識、技術のある人間はいません。(実際、金型製作経験者は私だけ)
ならば、自分でいろいろ考え、技術を暗中模索するしかないのです。
いままで得てきた知識もいづれは古臭くなります。
温故知新という言葉もありますが、この世界では常に新しい技術が求められます。
時代に逆行しないためには常にアンテナを広げ、先進的にいきたいものです。

ですが、今の技術も大事に育てていきたいと思います。
でないと足元すくわれますもんね(^^;


今回は長々と駄文で失礼しました。

ってマジメ過ぎ?w

今日は久しぶりに定時あがりだ~(笑)
スポンサーサイト

comment

Secre

No title

お疲れ様です。
こういう分野の通信教育ってあったんですね
知らなかったです。

確かに見て盗む時代ではないので
理論的に説明できることは
必要かもしれないですね。

私もやろうかな。

No title

>ochiさん
どもです!

私もネット検索で発見しましたw

でもこういったテキストってなんでこんなに難しく説明するのかな?って思います。(^^;
理論を学ぶのも大変です(笑)

機会、時間があればやってみて下さい(^^)v
プロフィール

社員M

Author:社員M
金型製造に関することを徒然と

製造業に携わる方、リンク大歓迎!!
気楽にコメントしてください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。