スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設備其の1

皆さん、こんにちわ。
社員Mです。

まず始めに、
masaさんの機械工作14年生リターン
田舎の金型屋さんの田舎の金型屋さん
おふた方とブログリンクさせて頂きました。
今後とも宜しくお願いします。

さて、今回は設備紹介、第一回なので、うちの主力マシーンのご紹介です。

RIMG0124.jpg

左手奥側が
TOSHIBA製、F-MACH442
XYストローク400×400
Zストローク200
エアスピンドル回転数30.000min-1
切削油 アルティマ潤滑液(ミスト状態で使用)
制御盤 TOSNAC888

右手手前側が
TOSHIBA製、F-MACH222(W)
ツインヘッド、ツインテーブル仕様
XYストローク200×200
Zストローク200
エアスピンドル回転数60.000min-1(ヘッド交換で120.000min-1)
切削油 アルティマ潤滑液(ミスト状態で使用)
制御盤 TOSNAC888

当社の主な使用工具は0.5RB~0.05RB(日進)です。
0.3R(フラットならφ1)までは442を使用し、製品部の加工は最小0.05Rですので222で加工、といった感じでわけて加工しています。

機械の特徴としましては・・・
これといって特筆すべき点はありません(笑)
まぁシンプルに、コンパクトにってところでしょうかね。
以前まではマキノのV55を使っていましたので、どうしても比べてしまいがちですが、やはり高速切削時の制御はFANUCのGI制御が秀逸だったぶん、もどかしい感が否めません。
でも、この機械結構なお値段なんですって(^^;

まぁ、どんな機械でもそうですが、使い手やプログラマー次第で仕上げ精度や加工目の状態は変わりますので、そのへんをうまく付き合っていきたいものです。
機械を使いこなせれば、それなりのものはできるはずww
(ぶっちゃけ高かろう、良かろうだと思ってます)

こんな感じで、小出しに更新します(^^)v
スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

社員M

Author:社員M
金型製造に関することを徒然と

製造業に携わる方、リンク大歓迎!!
気楽にコメントしてください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。