スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひさしぶりっす

やぁ~どうも。
社員Mです。

しばらく空いちゃいましたね~(^^;


ここ最近の仕事の流れは、まぁ順調。

忙しくはないですが、暇でもない。

忙しくないってのは、以前のように馬鹿みたいな残業ではないということです。

ここ最近は、だいたい6~7時あがり。

就業中は一生懸命やってます。

鼻水たらしながら
orz

かれこれ2週間は経ちますがいっこうに治る気配無し。

これって風邪なのかな?と最近では疑問に思いつつも、家ではおとなしく早めの就寝。

あんなことやこんなこともやりたいけどグッと我慢の子。

録画もだいぶたまったな~(^^;

いつ見ようか・・・。

暇なようで忙しい

ども、社員Mです。

暇なんですが微妙に忙しいという、まったくもって矛盾した状況が続いてます。

今月、現在までにこなした新規型は2型、今月中にはもう1型UP予定。

見事に納期がばらけているので、私が加工、相方が磨きというように、作業の分業がなされています。

できれば月、5型はこなしたいな~。

給料は変わらんけどねorz

さて、我が社の設備紹介も数えること5回目。

そろそろネタ切れですが(笑)
大サービスで一挙公開ww
RIMG0128_20081114082547.jpg

あると便利な機械達w
左から

○ラジアルボール盤 ヨシオ工業製

○グラインダー 日立製

○ボール盤 KIRA製

○コンターマシン ニコテック製

○知人から頂いた(購入した?)小サイズの石定盤 (画像右下)

これらはメインの加工機ではありませんが、無いと困る機械達。

新人時代はラジアルで穴掘りの日々を送ったものでした。(爆)

こうした脇役達がいないと金型作りも大変です。
使い方によっては非常に小回りがきいて便利ですしね。

NCデータなんぞは使わないので、鉄を加工してる感がガンガンに伝わってくるのも魅力の一つでもあります。w


さて、仕事仕事っと。






終了~

寒!!
ども、社員Mです。

なんでしょ~ね。この急激な冷え込みは。
皆さん、風邪ひかないように気をつけてくださいね(^^)

さて、本日納期の金型も先程、無事に発送しました。
あとは客先トライの結果待ち。
今回は一発OKの自信有りw
まぁ、自信だけはいつもあるけど必ず修正が入ってます。(爆)

話は変わりますが、最近通信教育を始めました。
RIMG0162.jpg

~金型加工技術~
射出型にとどまらず、プレス型も勉強。
プレス型の知識は皆無なので、ポンチのクリアランス計算なんぞに悪戦苦闘w
加工機械は射出型もプレス型も一緒なのでそこは問題なし。
切削、放電、磨きの知識を学びます。

なんで勉強を始めたかというと
私の場合、加工に関してはいわゆる職人と呼ばれる方達に育ててもらいました。
なので、体ではできる事でも頭では分からないこともあるんです。
つまり、理論的に説明できないってやつです。
なので、自分が現在持っている技術の再確認、及び知らない技術もあるのでは?
と思い、始めてみました。

理論的な部分を理解することで、より効率よく、正確な加工ができるのではないか。
また、後輩への指導に役立つのではないか。

後輩への指導は難しいですよね(^^;
私は目で見て盗め、と言われて技術を学んできましたが、今の若者はそれができません。
マニュアル通りにはできても、そこからはみだすことはできないのです。
応用がきかないんですね。
自分で考えられないから。

ならば理論を叩き込めばできるようになる?
逆に頭でっかちになりそうですが・・・(^^;
それでも、私が何かを説明する際に、理論が確立されていれば理解しやすいと思うんです。
「この加工はこうやれ!理由なんか無い!こうやったほうがいいんだ!」(私はこのように教えられましたw)
ではなくて
「こういう加工をすると何が駄目だからこういう加工をしなさい。」
と理由もつけてあげれば理解しやすいですよね。
その為には、私が理論を理解してないといけないのです。

でも結局のところは自分の為。
さらなる成長をしたいのです。

今の職場は、おおもとが成型工場なので、型場は皆経験が浅く自分以上に知識、技術のある人間はいません。(実際、金型製作経験者は私だけ)
ならば、自分でいろいろ考え、技術を暗中模索するしかないのです。
いままで得てきた知識もいづれは古臭くなります。
温故知新という言葉もありますが、この世界では常に新しい技術が求められます。
時代に逆行しないためには常にアンテナを広げ、先進的にいきたいものです。

ですが、今の技術も大事に育てていきたいと思います。
でないと足元すくわれますもんね(^^;


今回は長々と駄文で失礼しました。

ってマジメ過ぎ?w

今日は久しぶりに定時あがりだ~(笑)

機械か人か

ハエたたき
持った瞬間
いなくなる

社員M、心の川柳w

ども、社員Mです。


最近、久しぶりの残業続きでしんどいっす(^^;
一週間も続けると体も慣れてくるんですがね~。

決して仕事量が多いわけではなく、今受けている仕事の納期が無いだけ。
来週からは、またやばい感じ。

今回の金型も鏡面仕様。
現在可動側の入れ子を磨いております。
で、先に固定側の入れ子が仕上がりました。

これ↓
RIMG0145.jpg

まさに鏡面!!

これね、手仕上げじゃないんです(^^;
ラッピングマシーンという機械で仕上げたものなんです。

原理は簡単
研磨液を垂れ流しにして、ただひたすらに面全体へ均一に、程よい圧力をかけつつ円盤が回るだけ。

ここでの重要な点は
○研磨液を垂れ流し・・・常に切れる研磨剤が供給されることでごみを排出+冷却効果。
○程よい圧力・・・コレ重要、磨きの際には熱を持たせては絶対駄目。
           熱を持たせると、オレンジピールとよばれる現象が発生しやすい。

オレンジピールってのは読んで字の如く、表面がオレンジの皮みたいにぶつぶつしちゃうこと。
コレが出てしまうともう一度砥石からやり直さないと消えないのですorz

これらを手作業で、面全体に満遍なくっていうのは達人技ですね。
機械では平面なもので、なおかつ突起の無いものしかできませんが、突起に関してはピンや入れ子にすればいい訳です。

なので、この手の物はすべて機械任せ(笑)

で、結局のところ何が言いたいかというと
機械を作った人がすごいのか
それともこの作業を黙々とこなす機械がすごいのかってことです。

卵が先か、鶏が先かに似てますね。

え?私なりの結論ですか?

どっちでもいいですww



一段落?

ども、社員Mです。

昨日までは何かと忙しい日々を久しぶりに満喫しておりました。(爆)

先日頂いた二型も、本日、無事にTry終了し、現在モック用に各1000shotの成型中。
この後で品質検査が入るので、恐らくは磨きなおしかと・・・orz

前回の磨き修正も、現在、品質検査中。

どうなることやら・・・(ため息)



追記

前回の磨き修正、先ほど暫定OKでました!
よかった~(滝涙)

あとはメーカー承認待ち

まぁ、問題ないでしょうw
プロフィール

社員M

Author:社員M
金型製造に関することを徒然と

製造業に携わる方、リンク大歓迎!!
気楽にコメントしてください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。